車査定はこちら

車査定と車下取りのどっちが高い?車査定の相場を比較しました

車査定と車下取りを比較した体験談です


車査定サイトとディーラー下取りの価格を比較したらメチャ衝撃の結果になりました!

 

 

こんにちは。

車査定サイトディーラー下取りのどちらが高く売れるのか、実際に車を査定してもらい価格を比較してみましたので、車査定の価格とそれぞれのメリット・デメリットを紹介します。

 

私が車査定の価格を27万円もアップさせた方法も紹介しますので、あなたも試してみて下さい。
また、実際に使った車査定サイトのなかで一番良かったサイトも紹介します

 

あなたの車査定のお役にたてば幸いです。

 

時間がないから、すぐおすすめの車査定サイトをすぐ知りたいという方へ

 

ちなみに、私が使った車査定サイトのなかでよかったのはこちらです

 

スマホでかんたんに車査定の依頼ができ、すぐに概算の車買取の相場価格が表示されるのでおすすめです
(10万円プレゼントもありまず^^)

 

 

>>おすすめの車査定<<

 

 

車査定サイトの目次

車査定と車下取りの価格の差が衝撃でした

車査定と車下取りの価格は差があるのか実際に比較してみました

 

 

私は、10年乗った愛車のエスティマアエラスをディーラーに下取りしてもらい新車を買う予定でした。

 

でもディーラーで下取り査定した結果が・・・、

 

「23万円」

 

という衝撃の安さでした。(ガーン!)

 

 

ディーラーの車下取り査定の価格が想定外の低さでしたので、メチャ落ち込みました。

 

車査定サイトで査定した結果は?

 

そこで、車査定サイトにスマホからエスティマの査定を依頼してみました

 

私は、評判の良い2つの車査定サイトで無料査定を依頼しました。

 

 

おすすめの車査定サイト

 

対応が早かった車査定サイト

 

 

特に「かんたん車査定ガイド」は入力して概算の査定相場が表示されるのでおすすめです。
(概算の査定相場:8~79万円)

 

その後、5社の車査定の会社より電話があり、査定をさせてほしいとのことでしたので、その中から自宅から近い3社に査定してもらいました。
出張査定も可能とのことでしたが、来店査定にしました。

 

車査定の会社3社の査定結果は下記の通りです


    • G社:30万円(買取額UPは可能)
    • C社:35万円(希望額は?と聞かれた)
    • R社:50万円(今決める条件)


 

3社とも車査定額がディーラーの下取り査定23万円より高い価格でした

 

R社と車査定の価格アップを交渉してみた

 

R社で車査定したときは、「いくらなら今日契約してくれますか?」と言ってくれましたので、他社が30万円位だったことから、「50万円だったらうれしいので、すぐに売ります」とダメもとで言ってみました。

 

そしたら担当者が「本部に聞いてみます」と言ってその場でスマホで電話をし50万円で買取り可能か交渉してくれました。
そして「50万円でOKです」と笑顔で言ったのです。

 

もちろん、私は「売ります!」と即答しました。
そして、売却契約を結び、1週間後に車を引渡すことにしました。

 

 

車査定の業者によって、査定額に差があるので、車査定サイトを使い、複数の業者に査定してもらいましょう

車買取のG社の反応に驚きました

余談ですが、R社に買取してもらうことに決めたあと、G社にお断りの電話をしました。

 

「R社に48万円で売ることにしましたので、今回はご縁がなかったということで」と伝えると、なんと担当者が「当社も50万円で勝負してもいいですか?」と言ったのです。

 

「R社と売却契約したのでまたの機会に」と丁重にお断りしました。
(最初から言ってよ!)

 

車査定の業者によっては、最初は査定額を抑えて言うようで、交渉の余地はかなりあるので、必ず買取額アップの交渉をしましょう

 

私のように他社の車査定額に20万円プラスしてうまくいくことがあります。

 

高く売るために私がやったこと

 

私がやったことは、たったの2つです


①車査定サイトを使い、複数の車査定業者の査定額を比較した
⇒ 車査定の相場が分かり、価格交渉の目安になってよかった

 

②車査定の価格アップの交渉をした
⇒ 多めにプラスして、希望額をズバリ言ったらうまくいった

 

おすすめの車査定サイト

 

 

 

かんたんでしょ?!

あなたも高く愛車を売りたい場合は、この方法を試してみてください。

 

車査定サイトとディーラー下取りの価格を比較した結果は、「車査定サイトが高い」という衝撃の結果になりました

 

一番よかった車査定サイトはここでした

私が実際に使った「車査定サイト」のなかで、入力がかんたんで一番よかったのは「かんたん車査定ガイド」でした

 

 

かんたん車査定ガイドの公式サイト

 

↓  ↓  ↓

 

http://a-satei.com

 

よかった理由は4つあります。

①入力がかんたんだった

(1分もかからなかった)

 

↓選ぶだけのかんたん入力↓

 

 

②入力してすぐに概算の車査定の相場が表示された

 

↓相場がすぐにわかります↓

 

↓エスティマの車査定の相場↓

 

↓車査定の会社ごとの推定価格↓

 

③ガリバー、カーチス、アップルなどの大手の車査定の会社が多数参加していた

 

④10万円が当たるキャンペーン中だった

 

かんたん車査定ガイドはおすすめです!

(あなたは10万円が当たるかもです^^)

 

 

つぎに、車査定と車買取の手続きの流れと必要書類など知ってほしい情報について解説します

 

また、車査定額がどうやってきまるのか?車査定の価格を上げるコツなどを車査定の業者から聞きましたのであわせて紹介します

 

ディーラー下取りより車査定の価格が高かったです

私が、実際にディーラー下取りと車査定サイトの査定額を比較した結果は、車査定サイトが一番高いという結果になりました

 

 

中古車を売るならディーラー下取りよりも車査定サイトの方が高く売れやすいと言えます

ディーラーが安くなる理由は流通経路を広く持っていないからです。

新車を売るのが本業ですので下取りをした車を高く処分するノウハウを持っていません。

 

一方の車査定サイトを利用した場合は車買取の専門店が査定を行ってくれますが、専門店ですと売ることに対して得意でもありますので、カーオークションや海外への輸出、オプションパーツで利益を得るなどの術を持っています

つまり高く売る力を持っているために高値を付けてもらいやすい傾向があります。

 

車査定のポイントにも理由があります。

ディーラーの場合はオプションパーツについては価値を付けてくれないことが殆どです。

社外品ですとゼロ円として査定されてしまうため、豊富な装備があっても高く売ることは難しくなります。

 

その点、車買取の業者は社外品についても考慮した金額を付けてくれるのです。

アルミホイールやカーナビ、オーディオなど、お金がかかっているところがあるのならきちんと評価してくれますのでそこで価格差が生まれます。

 

ディーラーの場合は下取り額で競合することが少ないゆえに高値になりにくい理由もあります。

 

車買取の業者ですと他店と買取価格で競合することが多いため、結果的に高値を付けてくれることが多いです

 

ディーラーの場合も他店と競合することがあるものの、しかしその際には車両本体価格やオプションからの値引き率などで競うことが多いですから、下取り額に関しては専門業者ほど競合して金額が上がるということが少ないのです。

 

 

車査定サイトを利用しないと損します

中古車を高く売りたいと思っているのなら、まずは車査定サイトを利用しましょう

 

高く売りたいなら、車査定サイトの利用は必須です

 

なぜなら中古車には全国共通の車査定額というものはないからです。

持ち込む先により価値は変わってきます。

 

素人が外から一番お得な車買取先を見つけるのは難しいですから、車査定サイトを利用しましょう。

 

車査定サイトを利用することで、愛車の相場を知ることができますし、どの業者が一番高値を付けてくれるのかを知ることもできます
中古車の場合、新車とは違って販売される値段も違えば、利用のされ方にも違いがあります。

 

中古車として国内でそのまま販売される場合もありますし、海外に輸出される場合もあります。

部品をとるために使われる場合もあります。

 

車買取の業者によっても利用される範囲には違いがありますし、同じ車種の在庫にも違いがあるため、査定額には差が出てきます。

どの車買取の業者でも同じというわけにはいきません。

 

車査定サイトを利用すれば、簡単な情報を入力するだけで査定をおこなうことができます

自宅に居ながらして複数の業者を比較することが可能です。

店頭を回って車査定して貰うよりも効率がよいですし、気になったときにいつでも利用できますから便利です。

気になる業者があったら、インターネットを使って、その業者の評判のチェックもできます。

高値を付けてくれて、評判がよくて実績のある業者を選んで利用することができるのでおすすめです。

 

車査定が人気の理由を調べました

車買取の現場でよく活用されるようになっているのが車査定サイトですが、人気の理由は簡単に査定を受けられるからです

 

通常の車査定の受け方の場合は店舗へ行くなり出張をしてきてもらうなりしなければいけませんが、査定を受けるにしても手間がかかります。

車査定を受けるのに時間が取られ、その後の説明にも時間がかかりますから結果的に小一時間ほど必要です。

 

その点、車査定サイトですとオンラインで申し込みをしたら後は連絡を待つだけです

 

好きな時に申し込みができて、査定結果の連絡はメールや電話で受けることができますので、手間なくおおよその車買取の価格を調べることが可能です
そして車査定サイトですと同時に数社への査定依頼を出せます。

 

一挙に沢山の車買取業者の査定価格情報を集めることができますから比較を簡単に行え、どこへ売ったらお得なのかも迅速に判断することができるのです。
それに加えて高値で売れやすいというメリットもあります。

 

数社から同時に車査定をしてもらう場合、車買取の業者間で競争が始まります。

 

つまり他社よりも高値を付けようと金額を上げてくれるのです。

 

そのため普通に車査定をしてもらうよりも良い金額を提示してもらえる可能性があり、簡単かつ高値で売れやすいということで人気となっています。

 

なお無料で利用できるサイトですので気軽に活用できる良さもありますし、キャンセルをしても費用がかかることがないために安心して申し込みができるのです

 

車査定の手続きの流れと準備について

車査定の依頼は、私でも簡単にスマホからできました!

 

車査定サイトを利用する場合は、はじめに必要な情報を入力します。

するとエリアに対応している車買取業者が紹介されますので、そこで査定をしてもらいたい業者を選択しましょう。
申し込みをすると車買取業者の方から査定価格を知らせる連絡がメールや電話で行われます。

 

なお、車査定サイトを利用した場合、一気に沢山の業者から連絡がくることがあります。

他店よりも先に売買を成立させようという思惑を持っていますのでアプローチにも勢いがあるのです。

 

そのためひっきりなしに連絡がくる可能性があることも想定しておいた方が良いでしょう。
提示される車査定額は大体の金額となっていますので正確な金額を知るためには実際に査定をしてもらう必要があります。

そのため事前査定を踏まえて直接見てもらいたい車買取業者をピックアップします。

私の場合は、自宅から近い車買取の業者から3社を選びました。

 

実車の査定をしてもらった結果、金額が上下することがありますので、何社かをピックアップして比較をするのが良いと言えるでしょう。

 

実際に私の場合も、3社とも車買取の金額に差がありましたので、比較してよかったです


    • G社:30万円
    • C社:35万円
    • R社:50万円



実車の査定を受ける前には下準備をしておくとスムーズです。

車を磨いておいたり必要な書類を用意しておくなど、予め済ませておくと慌ててしまうこともありません。
車買取の金額に納得をすることができたら売買契約のための手続きを済ませ、後は双方で引き渡し日の相談を行い、代金を受け取って完了です。
なお金額に不満がある場合はキャンセルも可能ですが、売買契約の後ですとすぐにオークションに出されるなどして処分が進むことがありますから、早めに連絡をする必要があります。

 

車査定額はどうやって決まるのか?

車査定の価格が予想より高かったので、どうやって決まるのか聞いてみました

 

車を売る場合は少しでも高く買い取って欲しいものなので、下取り以外にも車買取の業者などを対象にした無料の車査定を利用するのが一般的です。

 

一括の車査定などを使って出される査定額は、予想以上に早いのでどのように金額を出しているか気になったので聞いてみました。

 

車買取の際に算出される車査定額は、その業者が販売する際に利益が出ると分かる金額で決められています。

 

 

 

車買取の業者は買い取った後に業者専門のオートオークションで転売することで利益を生むことになるため、オークションで売れる金額を算出して査定額を決めるのです。

オートオークションでは中古車相場価格表と呼ばれるものが存在し、年式や走行距離、グレードなどによって過去にどのくらいで売れたか、これからどのくらいの相場となるかが表記されています。

この予想価格から車買取業者の経費や利益を差し引いた金額がオーナーへの査定額として提示されるようになるのです。

その際にはオプションや傷、車種の人気が大きく影響するため、思った以上の値段が付くことも少なくありません。

 

ディーラー下取りの場合は下取り価格表を元に査定されることになっていて、年式と車種で変わりますが市場価格というものは反映されていないので、車のちょっとした問題で大幅な違いは出ないようです。

 

 

いずれにしても中古車買取を行う際には必要書類を集めることになるので、車査定に出して売ることを決めたら車検証などの必要書類が揃っているか確認しておくことも大切です。

 

車買取に必要な書類について

車買取の業者に車を売却する時に必要な書類は普通自動車と軽自動車では異なります

 

売却する車が普通自動車である場合は、車検証自賠責保険証明書自動車税納税証明書リサイクル券(預託証明書)の4点が車内のグローブボックスの中に保管されているかどうかを確認し、その後印鑑登録証明書2通と、買取代金を振り込んでもらうための預金口座の情報が分かるメモや通帳、実印などを用意します

 

また、必要書類を準備する際に、印鑑登録証明書に記載されている住所と車検証に載っている所有者の住所が異なっていることがわかった場合は、所有期間中に住所が変わった回数が1回であれば住民票、2回以上であれば戸籍の附票か住民票の除票が必要となり、結婚や離婚などによって苗字が変更になった場合は戸籍全部事項証明書も用意しなければなりません。

 

一方、売却する車が軽自動車である場合は、納税証明書が軽自動車税のものにかわることと、印鑑登録証明書が不要となる点をのぞけば、用意すべき書類は普通自動車と同じです

 

ただし、印鑑については、普通自動車の売却では実印以外は不可能なのに対し、軽自動車の売却では認印でも十分です。
もし、グローブボックス内にあるべき書類がなくなっており、探しても見つからない場合はすみやかに再発行の手続きをとりましょう。

 

 

書類の再発行の請求先は、車検証は運輸支局もしくは軽自動車検査協会、自賠責保険証明書は契約している損害保険会社、納税証明書は自動車税については都道府県税事務所、軽自動車税については市税事務所もしくは市区町村役場です。

 

 

車査定の価格に影響する3つの重要な項目とは?

車査定の価格に影響する3つの項目があります

 

車買取の業者が重きを置いている項目は数多くありますが、その中でも特に査定額に影響してきそうな項目が3点あります。

  • 車体色

まず、はじめに車買取の業者が見るポイントは車体色です。

ブラックが最も車査定額が高いとされています。

その次にホワイト、それからシルバー、その他の色は車査定価格が下がると言われています。

しかし、車体色は自動車を購入する段階で決定することですので、下取りを考慮して自動車を購入する際はブラックを選ぶと査定価格を上げることが出来るでしょう。

色ごとの車査定への影響としましては、ブラックがプラス査定、ホワイトが±0査定、シルバーが若干のマイナス査定、その他の色はシルバーよりもさらに低いマイナス査定となります。

 

  • 外装の傷と修復歴

次に車買取の業者が見るポイントは外装の傷と修復歴です。

ここで言う修復歴とは事故歴のことで、エンジンルームや足回り、フレームを修理した履歴があると事故車扱いとなり査定額が下がります。

しかし、修復歴(事故歴)だけは致し方ない部分もありますので、せめて査定前にやっておきたいことが外装の修復です。

外装の小さな凹みやかすり傷は、ただ走っているだけでも付いてしまうものです。

それらの細かい傷も車査定に影響してきますので、修復しておくと良いでしょう。

 

  • 改造の有無

車買取の業者が見る3点目のポイントは改造車か否かです。

純正の状態で下取りをしてもらうのが一番高価な買取価格となります。

改造を施していても、車査定前に純正部品に戻しておけば査定額を上げることができます。


以上が車買取の価格を上げるための3つのポイントです。

車買取額を上げる秘訣がわかりました

私の体験より、車買取額を上げる秘訣は複数の業者に査定を依頼することです

 

車査定の価格は車買取業者が個々に出しているものですから、業者が違えば価格も当然違うことになります。

この車査定の価格というのは、業者がいくらで中古車を販売できるのかという販売力で決まってくるので、その業者の販売力を見られるものでもあるのです。
販売力というのは車買取の業者によって全く違います。

特に海外に販路を持っているようなところはかなり高い車査定額を出せたりします。

 

また、特定の車種には強い顧客を持っていて、特定の車種には高く査定額を提示できるという車買取の業者もいます。

どの業者がどの車種に強いのかということは査定を出してみないと素人にはなかなかわかりませんから、高い査定額を出すには出来るだけ多くの業者に査定を出すということが肝要なのです。

 

複数の車買取業者に査定を出すと、査定額を業者に競わせることも出来ます

 

車買取の業者は査定を出すときに、自分たちで個々に見積もっていると上記に述べました。

出来るだけ低い車査定額を出せば、それだけ自分たちが儲けることが出来るわけですから、基本的には出来るだけ低い査定額を提示しようとします。

 

ですが、競争相手がいるとなると、これに負けては儲けはなくなるわけですから、少なくとも競争力のある価格を提示するようになります。

 

複数の車買取業者に査定を依頼するというのは適正価格を引き出すという意味でも大切なことだといってもいいでしょう。

 

 

車査定の相場と基準について

車査定はディーラー下取りにするか車買取にするかで相場や基準に違いが有ります

 

車下取りの場合は一般的にも査定したい車のディーラーにしてもらうと若干甘いとされます。
大体年1回ごとに車査定の価格が下がっていくのが車下取りの相場です。
パターンとしては次に乗り換えたい車のディーラーに依頼する事が多い傾向です。

 

車買取の場合は業者によって買取価格がだいぶ違う様になっています。
また車買取の業者と提携している中古車販売業者がある場合は販売業者の取り扱う車のメーカーの買取りが有利であるとされます。

 


その場合そのメーカーで売れる車種は何かを調べておくと高額買取りの車種が何かの基準が有る程度判明します。

 

車買取の価格は大まかな目安としては買取業者の場合中古車オークションによって買取りの基準価格を決めるという方向です。
オークションの状況によって値段が変わってしまうのでチェックしないと車買取の価格にかなり差が出るとされています。
平気で100万ぐらい変化すると言う世界なので自分に合った車買取の業者を探すという事が大事となります。

 


例えばネットでは無料の車査定比較サイトなどがあるので、そこで中古車査定をして何処に売るかどうかを決める方法が有ります。

 

勿論、車買取の業者を自分で探して、一軒一軒はしごしてまわるのなら問題は有りません。
ただ時間がかかるので車査定比較サイトを使いましょう。

 

1社だけに車査定をするのではなく複数の車買取業者の査定相場が判明するので、それだけ有利な環境で中古車を買取ってもらう事が出来ます

 

ネットで車査定の業者を探す方法

私は、ネットで車査定の業者をかんたんにみつけました!

 

車査定をしてもらう時には業者探しをしなければいけません。

その際の探し方にネットで地道に検索をする方法があります。

そして業者が見つかったら店舗へ直接行くのも良いですし、出張査定を頼んで自宅などに来てもらうのも良いでしょう。
こうした方法で売却先を探してみるのは一般的な方法でもありますが、しかしながら車を高く売るという目的を持っている場合ですと苦労します。

 

高く売るためには比較が必須であり、それゆえに車買取の業者探しをしては査定を申し込むという手間を何度もかけることになりますから、それなりの時間を要してしてしまいます。

 


そのような手間をかけることもなく探す方法もあるのですが、簡単なのが無料の車査定サイトを活用することです

 

必要事項を入力して申し込みをするだけで査定をしてくれる車買取の業者を一挙に確認することができます。

 

どんな業者があるのかも一目瞭然ですのであっという間です。

 

そして見つけた業者にそのまま査定依頼を出すことも可能ですし、しかもオンラインで申し込みができるということもあり手間がありません。

 


車査定の申し込みをした後は業者からの連絡を待つだけです。

次々に連絡が入ってきますので高く売れるところも簡単に見つけることができます。

連絡も電話やメールによって行われますから直接会ってやりとりをする必要もありません。

売りたいと思える車買取の業者のみを選択して売却についての相談ができます。

 

また、車査定サイトですと通常の査定の受け方よりも高値がつきやすくなりますので、手間が少ないだけでなくお得に売れる確率が高くなるのもメリットです

 

新車を購入するために高く売却したい

愛車を高く売却したいですか?

車の買い替えをする際には、新車を購入するための頭金を少しでも高くするため、今乗っている車を極力高く売却したいと願う人は多いです。

私もそうでした。

 

安易に新車のディーラーでの下取りを考えている人が今までの主流でしたが、新車ディーラーは新車の販売をすることがメインであり、下取りには力を入れていません。

 

今では車買取の専門業者が多数いますので、高額査定を受ける場合には、車査定サイトを利用する方法が最も効率的です

 

利用方法は至って簡単です。

売却したい車の情報をサイトに登録するだけです。

登録する内容は車種や年式、走行距離、色などです。

登録が済みますと複数の車買取業者から概算見積りが提示されますので、より高い査定額を提示した業者を複数選択し、実車の査定をしてもらい、その場で車買取価格を提示してもらうのみです。

最も高く売却できる業者を選択すればそれで車売却の成立です。

 

私の結果を見ればわかる通り、車買取の業者によって買取価格はかなり異なります。

大きな場合ですと、業者によって数十万円もの査定価格の開きがあるのです。

 

 

ちなみにディーラー下取り価格は車買取業者が提示する一番安い査定額にも満たない程度です。

ディーラーでの下取りは売買を一箇所で完結できるので、便利だと思われる人は少なからずいます。

しかし、買取業者へ車を売却するときでも、それほど労力が必要ではありません。

そして数十万円も高く売れるならば満足できる車の売却ができることは間違いないことなのです。

 

車査定サイトの使い方は簡単ですので、愛車を高く売りたい場合は必ず利用しましょうね!

 

 

一番高く車を売るためのポイント

車は一家に一台は必ずあるでしょう。
特に田舎に行けばいくほど仕事への通勤やお買い物など車がないと不便ですので、一人一台所有している家庭は多いはずです。
毎日乗っていると走行距離も増えて徐々に劣化していきます。
ですからディーラーで半年点検や一年点検をしてより長く乗れるようにメンテナンスをおこないます。
しかし車にも寿命があり、あまり乗りすぎているとメンテナンスをしていても不具合が色んなところにでてきてしまいます。
乗りつぶす人もいますし、ダメになる前に売ってそのお金を足しにして新しい車を購入する人もいます。
愛車を手放すことはとても寂しい事ですが、どうせ売るなら高値で買い取ってもらいたいですよね。

 

一番高く売るために一番重要なのは一つのお店だけで車査定してもらうのではなく、複数のお店で査定をしてもらうことです

 

複数のお店に行って査定してもらうことは時間と労力を費やしますので、少々面倒ではありますが、それでも高額な取引ですので高いと数万円~十数万円も差がでてきます。
そして複数のお店で車を査定してもらう際に、前のお店で査定してもらった見積書を持っていくと良いでしょう。
お店側は自分のお店で買い取りたいので、前のお店がよほど高額な買取金額でない限りそれより上の査定額を出してきます。
愛車を高く売りたいという人は、時間と手間をかけてでも複数のお店で査定してもらって、一番高値で買い取ってくれるお店で売ることをおすすめ致します。

 

 

車査定アプリとは

スマートフォンの車査定アプリは色々な情報がわかるので便利です

 

中古車の売るときはディーラーの下取りを利用したり、中古車買取専門店などを利用するのが一般的ですが、売るなら少しでも高く売りたいと思います。

インターネットが普及したことで車買取一括査定サイトなどが増え、誰もが手軽に中古車の買取相場を調べることが可能になっています。

車買取一括査定となると入力する項目がいくつも並ぶため、通常はパソコンで行うのですが、場所を選ばずネットが楽しめる媒体として普及し始めたスマートフォンでも手軽に行えるようにするため、車査定アプリと呼ばれるものができています。

 

車査定アプリと言っても中古車買取専門店によっていくつかの種類が開発され、それぞれの業者によって提供されているサービスが異なっています。

高価買取のコツや人気車種のランキングといった、これから愛車を売ろうと考えている人にとって有益な情報がまとめられたものや、無料の車買取一括査定を行うことのできるアプリもあります。

 

また、中古車買取専門店のこれまでの実績から、車買取の相場をはじき出すアプリもあり、こちらはアプリ内で完結するため、現在の市場価格を知るのは難しいですが、車買取の業者に査定依頼を出すわけではないので個人情報を入力せずに済むというメリットがあります。

 

中古車買取専門店を一から探し出すと手間がかかったり、色々な情報を調べる面倒さがありますが、車査定アプリを利用すれば情報を集めやすいので、上手く活用してスムーズに売却を済ませることができます。

 

 

スマートフォンで車査定を依頼するなら、私がつかったこちらがおすすめです

 

おすすめの車査定サイト

 

 

 

車買取の業者に売る場合の手続き

車を車買取業者に売却するときの手続きについて解説します

 

売却の際は名義変更などが必要になりますが、手続きは車買取業者がしてくれますので安心してください。

ただ、書類などはこちらで準備になりますので参考にしてください。

 

まず必要な書類は、

 

・自動車検査証

・自賠責保険証明書

・自動車税納税証明書

・譲渡証明書

・印鑑登録証明書

・リサイクル券

 

です。

 

次に用意するものは、

 

・実印

・口座番号

 

です。

 

自動車検査表は、常時車内に携帯しているものです。

自賠責保険は、車検の時に毎回もらう加入証明書です。

次に自動車納税証明書は、毎年5月末に収める自動車税の証明書になります。

毎年きちんと納税していないと、売却の手続きはできません。

印鑑証明書は実印が登録されたものがお住まいの市町村役場に行くともらえます。

これは事前に印鑑の登録が必要になります。

ゴム印などの形が変形してしまうハンコ以外は登録できますので、銀行印以外のハンコを実印として登録しておきましょう。

 

リサイクル券は、自動車リサイクル法に基づくリサイクル料金が支払われていることを証明するものです。

口座は、売却代金が振り込まれる口座です。

業者によっては、現金支払いもあります。

そして大事なことが、車検証と印鑑登録証明書の住所が違う場合には住民票、結婚などで姓が変わった場合は、戸籍抄本が必要です。

こちらも役場で申請するともらえます。

また、ローンで車を購入した方は車検証の所有者の名義はディーラーなどにになっています。

その場合売却するときに、所有権解除書類が必要になるので購入したディーラーに連絡してもらってください。

 

車買取相場が簡単にわかる車買取一括査定サイトです

車買取一括査定サイトをつかえば、車買取の相場がかんたんにわかりますので利用しましょう

 

乗らなくなった車を負担なく処分したい場合は、中古車買取の専門業者を利用するのがおすすめです。

最近は、ネットオークションを通して個人で不要な車を処分しようと考えている人も増えています。

しかし取引中に落札者との間に何らかのトラブルが発生する可能性もあるので、ネットオークションはあまりおすすめできる処分方法ではありません。
中古車買取の実績が豊富な業者を利用すれば、トラブルの多いオークションを使うよりもはるかに効率的に処分することが可能です。

現在はインターネットを使えば気軽に買取業者とコンタクトを取ることが可能です。

ネットで無料見積もりを受け付けている買取業者も多いので、売りたい車の買取金額をすぐに把握することができます。
車を高値で買取してもらいたい場合は、できるだけ多くの買取業者に無料見積もりを依頼した方が良いでしょう

 

各業者の査定額を比較することで、最も高値で買取してくれる業者を簡単に見つけることができます。
ネット上で無料見積もりを依頼する場合は、連絡先だけでなく車種や状態等についても記入する必要があります。

そのため、パソコン操作に慣れていない方の場合は、ネットで無料見積もりを複数の業者に申し込む行為は大きなストレスになる可能性もあるでしょう。
こうした面倒な手間を省くには、車買取一括査定サイトを利用するのがおすすめです。

一度必要事項を記入して送信すれば、同時に複数の買取業者に無料査定を依頼することが可能です。

売りたい中古車の査定相場をとても楽に把握することができるでしょう。

 

 

車査定は個人情報なしの匿名でも可能?

車査定は個人情報なしの匿名でも可能なのでしょうか

 

自動車の買取については、事前の査定を行うことが一般的になってきました。

インターネットの利用でおおよその金額が分かるようになっています。

このとき車種と走行距離、グレード、車体の色などを確認することで金額がある程度は分かるようにはなっています。
サイトによっては、自動車査定それ自体についてそのまま特定の業者へと連絡が繋がるようにもなっており、匿名での査定が出来ない場合があります。

 

また、これもサイト次第ですがあまりにも金額にばらつきがあるために、信用性に疑問を持たざるを得ない場合も想定されるところです。

すなわち、ある程度の金額は分かるけれども、それ以上の細かい数字になると個別に話をせざるを得ず、しかも匿名での車査定はこの段階でほぼ不可能になるわけです。

依頼を行う側はこのことをよく理解しなくてはなりません。
ある程度まではこうしたサイトの利用で金額の目安、見当は付きます。

 

ただし、より正確に売却を考えようと高値の業者に依頼をすると、色々と話が細かくなって金額が思ったよりも出ないこともあり得ます。

特定の業者だけでは無く複数の業者に査定の見積もりを依頼するのは常識です。

金額をより高めにしてもらうためには、業者間での競争が非常に大切ということです。

 

 

オンライン査定サービスとは

車査定を便利に行うならオンライン査定サービスをおすすめします


インターネットを活用して一括査定ができるシステムであり、よくあるのは最大10社との比較です。
多くの業者と比較をすることで、どの業者に売却するのがお得か見えてきます。
最初から業者を自宅に招いて査定してもらう方もいますが、この方法で高額査定を勝ち取るのは難しいでしょう。
どの業者にも言えますが、少しでも安く買取をしたいと考えているものです。

 

 

車査定はオンライン査定サービスを受けてから、出張査定に移行するという方法が本来は好ましいのです。
この方法だと各社の金額を比較して、相場よりも適切な最高額が見えてきます。


相場は各社の金額を平均化したものであり、この金額で売却することは成功とは言えません。
大切なのは平均化した相場よりも高く売ることであり、そのためにはオンライン査定サービスが役立つのです。
実際に多くの業者で車査定を受けてみると、金額に想像以上の差があって驚くことでしょう。
数万円の差はまだ小さいほうであり、ちょっと価値のある車だと50万円以上も差が出てしまうことがあります
どの業者に売却するかによって、これほど差が出るのですから業者選びは徹底しないと絶対に損をします。

 

 

 

ディーラー下取りと車査定サイトの違い

ディーラー下取りと車査定サイトの違いについて紹介します

 

何年乗ってきた車を新しい車に買い換えるとき、適当な買取業者に買い取ってもらう前に、まずはどこに買い取ってもらおうかと考えるのが普通です。
車の買い取りをしてくれる業者は、それこそ数え切れないほどありますが、その中でもディーラーと車査定サイトは、有力な候補となります。

 

では、その両者の違いはどこにあるのかというと、ディーラーは自社が販売した車を引き取って、新しい車の価格を値引きすると言う流れになります。

 

お金のやり取りが減りますますし、車の来歴などは誰よりも知っていますから取引はスムーズに進みます。
ただし、新車に買い換えるための下取りが前提となりますから、車を手放してもう乗らないというのではあまりメリットがありません。

 

それに査定金額でも、一般の買取業者に比べてやや低めなので1円でも高く買い取ってほしいというのであれば、ディーラーは向いていません。

 

それに一応別のメーカー車でも買取の対応してくれますが、更に金額が低めに出されてしまいます。

 

車査定サイトのほうは、どのような特徴があるのかというと、競合他社に負けないため、また買い取った車はオークションで販売されるので、買取価格は高めに提示されます

 

現金で支払われるので自分の好きな車に買い換えることがしやすくなります。
ただし、買取査定をするとその業者からの営業電話・メールがしつこく来ることもあります。

その対応に神経をつかうことになります。

 

私が実際にディーラー下取りと車査定サイトの査定価格を比較したら、車査定サイトの方が27万円高いという結果になりました

 

ディーラー下取りのメリットとデメリットとは?

車を売るときは、ディーラー下取りか車買取か悩みませんか?

ディーラー下取りのメリットとデメリットを聞いてみました。


ディーラー下取りのメリットとしては、車を売る手順を簡素化できることです
車買取の場合は業者を自分で探して、査定を受けなければいけません。
しかし、下取りの場合は新車を購入するディーラーに行けば、そのまま査定を受けることができます。
面倒な業者の比較や連絡などもなくなるので、とてもスピーディーです。
また、新車を購入するディーラーで下取りをすれば、新車を値引きしてくれたりオプションをサービスしてくれることもあります。
新車に乗り換えるときにお得なのも、ディーラー下取りのメリットと言えるでしょう。


ディーラー下取りのデメリットとしては、査定額が車買取より低くなりがちなところです
車買取は複数の業者を比較し一番高い業者を選んで売れるので、全体的にディーラー下取りより高値で売れます。
新車を購入するときにサービスは受けられませんが、それでもディーラー下取りよりお得になると言われるほどです。
ディーラー下取りにも車買取にも、メリットとデメリットはあります。
高値で売れることよりも、面倒な手順を飛ばして素早く売りたい人には、ディーラーのメリットは大きいでしょう。

 

車査定サイトのメリットとデメリットとは?

車査定サイトにはメリットとデメリットがあります

 

新車購入の足しにするために、現在の愛車を買取りに出したいと望んでいる人が多く見られます。

より効率的に、最高値の査定金額を得たい場合に役立つのが、インターネットの車査定サイトなのです。

 

車査定サイトのメリットは、自宅にいながら複数の会社に一括査定を申し込める点が挙げられます

 

何度も車屋に出向く必要がありませんので、忙しい人にとっては非常に便利で役立つサービスといえます。

短期間でスピーディーに愛車を最も高く売ることが叶いますので、お得で質の高いサービスです。

完全無料で見積もりをしてもらえる点も大きなメリットとなっています。


一方、車査定サイトのデメリットとしては、ネットで実物を確認することができないため、見積もり査定金額と若干のズレが出てきてしまう点が挙げられます。

しかし、申し込む際に事前にきちんとした申告をしておくことでそのようなリスクは避けることが可能です。
このように、車査定サイトを賢く活用することによって、希望通りの高い値段で愛車を買取りに出すことにつながるのです

圧倒的にメリットの多いこのサービスを上手く利用して効率的な買取りを実現することで、誰もが納得のいく結果を手に入れることができます。

 

中古車査定士が見ているポイント

中古車査定士は車を買い取ってもらうときに車を詳しくチェックし査定額をだします。

中古車査定士が中古車を査定するとき車のどんなとことみて車査定をしているのかをお話します

 

中古車査定士がまずチェックするのは車の書類一式です。

車種、グレード車台番号、メンテナンス状況などを車検証や定期点検整備記録簿などをみてチェックします。

 

つぎに中古車査定士はボディ全体をチェックします。

修復歴のある車は車査定のとき買い取ってもらう人が申告しなければなりませんが、なかには申告しない場合もありますので、車の傾きやパネルの隙間は一定かどうかチェックし修復歴があるかどうかを確認します。

 

つぎに内装をチェックします。

シートの汚れや破れ、カーナビやオーディオなどが正常に動作するかをチェックします。

たばこやペットなどによる匂いがある場合は落としておく方が良いでしょう。

エンジンルームもチェックされます。

修復歴がないかどうかヘッドライトの取り付け部分やボルトの塗装の状態をみます。

オイルや冷却水の量や汚れ、エンジンをかけてみて異音がないかどうかチェックします。

走行距離も年式に応じたものかチェックされます。

走行距離が多すぎる場合は車査定に大きく影響してきます。

 

 

車査定は出張と来店のどちらがいい?

車買取の業者に車査定をしてもらう場合、出張査定と来店査定があります
出張査定と来店査定の違いについてお話します。


出張査定は担当者が現地まで訪れて見積もりを取る方法で、来店査定はオーナー自らが中古車査定業者の店舗に行き見積りを出してもらいます。
双方は、車査定する場所が異なるだけで、同じポイントの評価をします。

 

しかし、2つの方法で大きく見積額が異なります。
一般に来店査定の見積額が低くなると言われており、現地に担当者が訪れて見積もりを取る方法が高値が付くと言われています。

 

では、なぜ来店査定の見積もりが低くなるのかと言えば、中古車査定業者の店舗は相手にとって言わばホームグラウンドです。
担当者は査定表やインターネットを利用して巧みな話術で買い取り価格を提示し、オーナーに対して理解させるでしょう。
店舗での交渉は、他の判断材料がないため、相手のペースで優位に話が進みます。


しかし、オーナーの自宅などの現地で実車確認により見積もりを取る場合は交渉もしやすいです。
予め、中古車一括査定で、他社の概算見積額で高値を確認しておけば高く売却できます。
来店査定の場合、店の中で担当者のみとの交渉で買取契約まで進んでしまい、業者にとって安く仕入れができるケースが多いです。

 

そうならないために、複数の車買取店に来店し価格の比較と買取額アップの交渉を必ずやりましょう

 

車買取業者の出張査定の特徴と流れ

車査定業者の中には出張査定を行ってくれるところもあります。

特徴は出張をしてきてもらうことができますので、査定をより手軽に受けられることです。
査定の受け方と言えば自ら店頭まで足を運び車を見てもらうというのが従来の方法でしたが、出張査定ならそうした手間がありません。

自宅や会社などまで出向いてきてもらえますので、自身の都合の良いところで査定を受けられます。
出張査定の場合でも費用をかけずに査定を済ませられるのも特徴のひとつです。

出張をしてもらう際の費用は大抵の場合、無料となっていますので余計な負担がかかることもありません。
実際に出張査定を依頼する際の流れですが、申し込みをしたら出張をしてきてもらう日時の調整を行います。

所定の日時に業者がきますのでオーナー側は待機しておかなければいけません。
査定を受けた結果、金額に納得して売ることになった場合は売買契約のための手続きを行います。

その後は業者への引き渡しが必要になりますが、その辺りも相談をして引き渡すタイミングを決めます。
出張査定はこのような流れで利用しますが、その際に注意したいのがクーリングオフはできないことです。

売買契約が成立するとキャンセルができなくなりますので、よく考えて契約を結ぶことが大切です。

 

 

車査定額はどこまで交渉できる?

車査定額というのはどこまで交渉可能なのでしょうか?

それは交渉の際の駆け引き次第ということになります。

基本的に車査定業者は少しでも安く買いたいですし、売る側は少しでも高く売りたいものです。

交渉を担当する業者はプロですので、何の知識もなく挑むのは無謀です。

車査定額を少しでも高くするには4つの要素が必要です。

1つ目は自分から希望額を言わないことです。

安易に希望額を言わないことで自分のペースで交渉を進められます。

それでも難しい場合はもっと高く買ってくれる業者に売るという意思を伝えましょう。

2つ目は即決交渉はしないことです。

即決すると損をすることがあるので、よく比較してから決めましょう。

3つ目は相手のビジネスも考えてあげることです。

通常は売る側の方が立場が上だと思われがちですが、法的には売る側の方が下になります。

従ってお互いの利益を考えた上でビジネスパートナーという立場で交渉することが大事です。

4つ目は感情に訴えることです。これはお互いに面識がある場合に有効な方法です。

信頼関係を結んだ上で感情に訴えると査定額が上がる可能性は高くなります。

結局は車査定の交渉であっても人間関係が重要となるのです。

 

車査定で高く評価される車の特徴

車査定で高く評価される車には、共通する特徴がいくつもあります。
共通する特徴の一つは、発売から時間が経っていない車です。
車は発売から時間が経てば経つほど、基本的に市場での価値は下がっていきます。
発売直後は中古車市場での供給量は少ないのに、時間が経つと市場に流れる量が多くなるからです。
ですから、モデルチェンジなどをされた直後の車種は、基本的に査定で高評価されます。
しかし、古い車でも販売が終了しプレミアがついていると、車査定で高くなることはあります。
時間とともに共通する特徴は、状態が良い車です。
車のボディにキズやヘコミがあったり、室内が汚れていたり嫌な臭いが染みついていると、車査定では高く評価されません。
発売された直後の最新車種でも、状態が悪いとマイナス査定になるので、車査定では重要なポイントです。
また、状態はボディや室内の見た目だけでなく、エンジンなどの内部も関係しています。
走行距離が長いとエンジンなどの耐久性も落ちてきていますから、車査定ではマイナスになるのです。
車査定で高く売れる車の特徴は、主に市場での人気と状態の2つです。
この2つの条件がかみ合う車なら、査定を受ければ高く売ることができるでしょう。

 

車の色は車査定の価格に影響するの?

車の色は、車査定の価格に大きな影響を与えます。
査定価格が高くなる傾向がある色は、黒や白、シルバーといった色です。
黒や白、シルバーは、年齢や性別を問わず人気がある定番です。
若い男性や女性から、高齢者まで人気がありますから、中古車市場でも高値で取引されています。
ですから、車査定のときに車の色が黒や白、シルバーだと、査定価格も高めになるでしょう。
反対に査定価格が低くなる傾向にある色とは、オレンジやイエロー、グリーンなど奇抜な色です。
奇抜な色というのは、中古市場での需要が少ないです。
若い女性には可愛い色ということで人気がありますが、男性からは奇抜な色の中古車は敬遠されます。
なので、中古車販売店でも売れるターゲットは絞られますから、高値で取引されません。
その結果、派手目な奇抜の色の車は、査定に出しても査定価格は伸び悩んでしまうのです。
ただし、奇抜の色の車でも、女性からの人気が高い軽自動車の場合は別です。
中古車市場での流通量も少ないので、奇抜な色でも軽自動車なら、査定価格も若干高くなることもあります。
車査定で色は、査定価格に影響ないと考えがちです。
しかし、車査定では色も重要なポイントなので、新車を購入するときは査定のことも考えましょう。

 

車査定と走行距離の関係

車の走行距離は車査定にかなり大きく影響します。

一般的に、走行距離が長いと査定額は下がり、短い場合には査定額が上がりやすいと言われています。

これは、走行距離が長い車は、その車両の状態に不安が感じられることにより査定額が低くなってしまうという傾向があります。

また、逆に走行距離が短すぎる場合でも、ずっと動かしていない車両は動作不良となっていると懸念されるため、査定額が低くなることもあります。

但し、たとえ走行距離が多い場合でも、定期的な点検や整備でしっかりとメンテナンスがなされていて、車の整備記録簿が現在までの分すべてを保管してあるケースでは、車の優良状態を裏付けるものとなりますので、車査定に大変有利となります。
車査定には、平均的な走行距離がプラスとなります。

長すぎず短すぎずという距離はおおよそ5万キロ前後であり、この距離を境として査定額が大きく変化します。

日常の中でどのくらいの頻度で車に乗っているかにもよりますが、普通のドライバーの平均走行距離は「8,000キロ~1万キロ/1年」くらいだと言われています。

ここから計算すると、約5年前後あたりで5万キロ超となる傾向にあります。

5年で買い替えをするケースはそれほど多くはないようですが、5年で5万キロという目安は覚えておいて損はありません。

 

車検を通してから車査定を依頼をするべきか

車査定の基礎知識で、車検を通してから車の査定依頼をするべきかとても悩む問題となります。

車検を通す事でかかる費用は大体10万円から20万円ほどとなりそこでもう乗らない車にかける金額としては大きな金額となります。

しかし車査定の金額も、車検を2年残している事でそれなりに査定金額がアップするなど、10万円の金額以上に査定が上がればそれこそ車検を通しておく事で逆にプラスとして考えて行く事も出来ます。
車査定をしてもらう部分でも、業者に査定ポイントをうかがいながらそれこそ車検を通して置いた方が良いのかどうかなど判断してもらう事も重要となります。

少しでも高値で売却する方法をとりたいとなれば、やはりお車のコンディションを高めて置いて誰もが乗りたい車だと言った状況を作る事も重要となります。

車査定アップにつながる事も査定を行う方がそれぞれ納得出来る状況としては、やはり車のコンディションの部分はかなり慎重にチェックされる部分でもあり、そこは車検を通して置く流れとしてはかなり有利な条件となって行きます。

より良い評価を受ける事にも車査定を上げる事として、色々とこうした知識を取り入れながら車検を行う事も良い方法となります。

 

車検の期限と車査定金額の関係

車検の期限が長くても、逆にあとわずかであったとしても、一般的には車査定の金額にはそれほど影響しないと言われています。

日本自動車査定協会(JAAI)の定める基準では、「残存車検期間は3ヵ月以内」となっています。

これは、車検期間が3ヵ月残っていれば、車査定時に不利となるわけではないということになります。

6ヵ月~1年という残存期間であっても、金額に少々プラスされるくらいのようです。

車買取業者に車両が渡ってから次のユーザーの下へ行くまでの期間は、おおよそ半年ほどかかることが多いです。

それはオークションなどで転売されてから全国の中古車販売店などに流通されるというルートを辿るからです。

そこでやっと店頭に並んですぐに売れるというわけではありませんので、この半年という期間は最短のものと言えます。

車買取業者の立場では、最低でも車検残りは半年以上あると助かるということにはなります。
車を売りたいと思っていてもタイミングを逃してしまい車検切れとなってしまった場合には、出張査定を依頼することも可能です。

車検期間満了となった車両は自走できないため、車買取業者に自宅まで出張して来てもらい、車査定をしてもらうシステムです。

車検切れとなった場合でも車の価値はなくなりませんので、値段がつかなくなるわけではありません。

 

 

ローンが残っていても車買取は可能?

車査定をして売却するときに理想的なのは、ローンがない状態にしておくことです。
ローンがある状態というのは、自分の所有物ではないのです。
他人の所有物、つまりはローン会社名義の車を勝手に車査定に出すことはできません。
車買取の査定を受ける前に、完済しておくのが好ましいでしょう。
前倒しして完済するのは可能であり、基本的に銀行振込によって一括返済ができます。
5年返済を設定していても、いつでも一括返済することができます。

もし完済する資金を用意できない場合は、車買取業者と相談してみるのがよいでしょう。
売却したい車の簡易査定をして、ローン完済分を上回る価値があると判断されれば、前払いで支払ってくれる業者もあります。
業者によって対応が変わるので、この点はWEBサイトで調べておいて、わからない部分は業者に直接聞くのがよいでしょう。

もし新しい車が欲しいなら、旧ローンを一本化してしまう方法もあるでしょう。
そうして車査定を受けたい車を自己所有物にしておけば、いつでも売却することができます。
ローンは1円でも残っていると、自己所有物とはみなされません。
基本は完済をしてから売却することなので、完済時期を考慮して車査定を受けるのがベストです。

 

車査定の前に洗車することのメリット

車査定に出す前は、洗車をするのが良いと言われています。
しかし、洗車をして車を綺麗な状態にしても、査定に影響は及ぼしません。
もちろん車査定では汚れも査定のポイントですが、スタッフが見るのは洗っても落ちない汚れについてです。
つまり、洗車をしたら落ちる汚れは車査定に直接関係ないので、あまり意味がないのです。
しかし、車査定の前にする洗車は全く無意味かというと、その通りではありません。
車査定の前に洗車をしておけば、業者のスタッフにこれまで車を大切に扱ってきた人、という印象を与えることができます。
そうした好印象を始めに与えておけば、他の査定ポイントを見たときにも、有利に働かせることが可能です。
スタッフと交渉して査定額を上げたいときにも、第一印象は有利になるでしょう。
車査定を行うのは、人間であるスタッフです。
洗車もしていない汚れた車を車査定に持ってこられたら、スタッフにはマイナスの印象を与えてしまい、他の査定ポイントもマイナスに見えてしまいます。
査定の前に洗車をするメリットとは、綺麗な状態にして査定額を上げることはありません。
本当のメリットとは、スタッフに好印象を与えて有利にする事と言えるでしょう。

 

 

キズ凹みが車査定に及ぼす影響

自動車の売却を考えて中古車査定に出す場合、ボディに付いたキズ凹みが車査定額にどの程度影響するのか説明します。
まず、中古車の査定でもっとも評価される点は走行距離と年式です。
走行距離は耐久性に大きく影響を及ぼすため、少ない車の価値が高いです。
次にタイプやグレードです。
中古車はそれぞれ人気車種やタイプがあり、人気車種は高く取引されます。
それから「程度」が評価されます。
程度とは車のコンディションで、エンジンの調子や電気系統の調子、ボディの塗装状態やキズ凹みなどが評価の対象となります。
キズ凹みに関しては、程度問題で、ペン先で突いた程度のキズ凹みであれば、それほど影響はないものの、凹みが5ミリの深さで10円大となると、数万円の評価が下がるケースがあります。
キズ凹みは範囲も影響し、キズの場合は名刺大を超える大きなキズがある場合、大きくマイナス評価がされるでしょう。
凹みの場合も板金修理を必要とする大きな凹みは修理費用が差し引かれて査定額が割り出されます。
フレーム構造部分に凹みが達しているケースは、今後の故障の懸念も高まるため大幅に査定額が減額されるでしょう。
最近のディーラーでは、軽微な塗装作業はクイック修理が可能なため、それほど査定額に影響がないものの、大手買取店に比べてディーラーの査定額が低いことがあります。

 

改造車の査定について

改造車の状態で車査定を受ける場合、ノーマルカーと比較すると価値が低くなってしまうことがあります。

安値になってしまう理由は市場で不人気なのが大きな要因です。

買取がされた車は中古車オークションへの出品、あるいは店頭での販売などがされますが、その際に売れにくいと判断されてしまいますので買取でも不利になってしまうことがあります。
少しでも査定額をアップさせるには元の状態に戻しておくのが秘訣です。

エアロなどを取り付けるための穴がボディに空いているなどして価値は下がってしまうこともあるものの、しかしながら改造された状態で売りに出すよりも良い金額がつく可能性が高まります。
あるいは純正パーツをセットで査定に出すのも高く売る方法のひとつです。

業者の方で元に戻すことができるようなら査定額もそれほど安くならないこともありますので、準備をしてから査定を受けるといったことも心がけると良いでしょう。
基本的にはノーマルに戻したり戻せる状態にしてから売ることが大切なのですが、そのままの状態でも高く売る方法もあります。それは改造車を専門で扱っている業者を利用することです。専門性のあるところですと改造車でも高く評価してくれることもあるのです。

 

純正パーツと車査定額の関係

車が好きな人にとっては、「自分の好みのフォルムにカスタマイズしたい」と言った希望を持つことは少なくありません。

思い通りのカスタマイズを施すことが喜びに感じることも多く、最終的には「純正とは全く違った車」になっていることもあり、一部のユーザー(いわゆるマニア)にとっては垂涎してしまう車になっているかもしれませんが、「一般ユーザーにとっては何の価値も見いだせない状態」になっている場合には中古車査定結果は悪くなってしまいます。

一般ユーザー受けする車の条件として、「余計なカスタマイズが施されていない」と言うことがあります。

例えば、純正エアロを装着していると言った程度であれば影響が少ないですが、車高が低くなってしまうことに対して使いづらさを感じる人は大勢います。

本格的にカスタマイズする人からすれば「全く低くない」と感じる程度でも不便さを感じる人が居ると言うことを念頭に置いて、「出来る限り純正パーツを残した状態で査定を受ける」と査定額が高くなりやすい傾向があります。

要するに、「誰にでも購買意欲を湧かせることが出来るか」という点を考慮して売却時の状態を考えていくと、余計なロスをなくすことが出来ると言うことです。

 

痛車の査定は低い?

痛車の査定はどうしても価格が下がってしまいます。

痛車はオーナーの思いがたくさん詰まっていますが、それを他の人も同じように評価してくれるとは限らないので、中古車として出してもなかなか売れないので、買取りは難しくなります。
ではどうすればいいかというと、元の状態に戻してから買取ってもらうか、現状ままで買取ってもらえるところを探すしかありません。
元の状態に戻すにはそれなりに費用がかかります。

せっかく費用をかけて修復しても、買取額が修復費用よりも低かったということもありえます。

ステッカーなら剥がすだけと思うかもしれませんが、貼ってあったところとそうでないところは塗装の劣化具合が違うので、査定に影響します。
現状のままだと買取額は下がるか、買取ってもらえないこともあります。
ステッカーなら剥がす手間の分だけ買取額が下がるだけですみますが、ペイントの場合は再塗装が必要なので買取額はかなり低くなります。
ですが、そのキャラクターが流行っているものだと逆に高く買取ってもらえることもあります。

複数の買取店が車査定をしてくれる車査定サイトには、あえて痛車を買取ってくれるところもあるからです。
ただ痛車の買取には注意するべきことがあります。

それは、道路交通法に違反しているような痛車は買取ってもらえないことと、キャラクターの版権が問題になることもありえることです。

 

事故車や廃車でも買取できるの?

一般的な中古車買取業者の場合、「車としての価値」を評価されます。

その為、「間違いなく車としての機能が使用できる状態かどうか」という点が中古車査定結果に影響を与えることになり、事故や故障によって著しく状態が悪くなっている場合には買取り不可と言う査定結果になることもあります。

しかし、これはあくまでも「車としての使用を前提」にしている場合の話で、そもそも車としての使用を前提としていない状況であれば十分に買取り対応が望めます。

例えば、最近では「事故車・廃車専門の買取業者」というものが何件か出てきているので、そうした買取業者を利用することで状態の悪い車でも買取ってもらえる可能性があります。

通常の中古車査定では、「車が車としての価値をどの程度持っているのか」を評価され、実際に販売する段階に至るまでのコストや買取業者の利益を確保した残りが買取価格として提示されます。

しかし、事故車・廃車専門の買取業者の場合は、「車というものを構成している部品一つ一つの価値」を見て評価が決まる為、仮に車としての使用が不可能な状態であっても十分に買取り対応が可能です。

もし、買取評価がつかなかったとしても「廃車費用・手続きコストを負担してもらえる」と言ったメリットはあるので、基本的に利用して損をすることはありません。

 

不動車でも車査定してくれる業者です

車というのは運転できるからこそ価値がある、というのは買取においては少々事情が異なります。
というのも不動車でも、車査定をしてくれる業者は結構いるのです。動かない車になぜお金を出してまで手に入れたいのかというと、不動車といっても車全体を見れば動かなくても、パーツ一つ一つ見れば十分に動くものがあるからです。
つまり、不動車をバラバラにしてパーツとして売れば、それなりの利益を見込めます。とくに市場ではもう手に入りにくくなった車の場合には、その車を所有しているオーナーはメーカーにパーツを取り寄せて修理することは難しいので、中古車のパーツを取って自分の車を修理するということになります。そのために不用品と思われる不動車でも、パーツさえ無事であれば、それなりの需要があるのです。そのことを考えて査定金額が出されます。
それにパーツとして動かなくても、車を構成する金属は溶かせば貴重な資源として生まれ変わることがあります。
ですからリサイクル業者に引き取ってもらえば、やはり買取業者は利益を得られるのです。
このようなことから、不動車の買取は十分に可能です。
ただし、ディーラーの下取りの場合には、動く車でなければ利益が出にくいということもあり、下取りの対象とはしていません。

 

10年以上の古い車でも査定してもらいましょう

中古車の買取価格を大きく左右するものの一つに年式はあります。

通常中古車は1年経過するごとに価値が下がっていき、6年を過ぎると残存価値はほぼ消滅してしまうことになっています。

しかし、車査定がゼロになってしまうのかというと、そういうことではありません。

需要があるかぎり査定額はつきます。

では、10年以上経過している低年式車はどうでしょうか。

かつて国産車の寿命は10年と言われていたことから、10年落ちの中古車というはかなり古く敬遠されがちです。

しかし、それでも国産車の耐久性は飛躍的に良くなっており、内外装は10年経過していてもほとんど変わらないほど美しい姿をキープしています。

エンジンや足回りについては、走行距離との関係が大きく影響してきますが、10万キロ経過していてもエンジンはほとんど影響はありません。

足回りは若干硬くなっていますが、乗れないということはなく、サスペンションを交換すれば、まだまだ乗ることはできます。

経年劣化で交換が必要な部品も発生しますが、きちんと部品交換すれば問題ありません。

ただ、査定額はさすがに大幅ダウンは避けられません。

高級車も軽自動車がほとんど変わらない程度の査定額となってしまうこともあります。

それでも買取は可能なので10年落ちの中古車を廃車にするのではなく、査定してもらうことをおすすめします。

 

10万キロ以上の車を高く査定してもらう方法

かつて自動車の寿命は10年10万キロと言われていましたので、そのイメージが定着してしまっている感があるのですが、実際には現在の自動車は10年以上経過し、10万キロ以上の走行距離があっても寿命というわけではありません。

ただイメージの問題は大きく、10年以上経過した低年式車や10万キロ以上走行した過走行車の車買取価格は大幅ダウンしてしまう傾向があります。

10万キロを超えても、エンジンは特に問題はありません。

オイル交換などのメンテナンスをきちんと行っており、荒い運転をしていなければエンジンは20万キロでももちます。

ただ、徐々にパワーはダウンし、燃費も悪化していきます。

足回りに関しては、サスペンションは寿命を向けている可能性があり、新車時に比べると相当性能がダウンしています。

しかし、サスペンションは取り換えることが可能です。

10万キロを超過した中古車の査定は、やはり大きくマイナス査定となってしまいますが、人気車であれば高額買取も可能です。

それは10万キロを超えた中古車が比較的高値で販売されているのを見ればわかるでしょう。

しかし、足元を見られて安く買いたたかれないように、複数の買取業者から査定してもらうことが大切です。

 

20万キロ以上の車は査定可能?

中古車買取査定において、「走行距離」は非常に大きな影響を持ちます。

必ずしも走行距離が評価に比例するとは限りませんが、基本的には「距離が伸びるほど買取価格が減る」と考えて問題ありません。

いくつかの基準となるタイミングがありますが、一つ目は「3万km」、二つ目は「5万km」、三つ目は「10万km」を境に評価価格が大きく変化します。

走行距離が3万km以下の場合、新車価格の8割程度で買い取ってもらえる可能性も高いですが、10万kmを超えると1/10程度になることも少なくありません。

尤も、その時点でどのような状態になっているのかの方が影響が大きいのですが、20万キロに達すると「ほぼ買取り対応が不可能になる」と考えて良いでしょう。

ただし、それはあくまでも「一般的な買取業者の場合」です。

一般的な買取業者は、買取った車を「車として使用することを前提に販売」することを目的としています。

安全安心に車を使用するためには、「各機能が正常に動作すること」「故障しづらいこと」などが挙げられるため、その条件を満たすためのメンテナンスコストが高くなるために買取りが出来なくなります。

しかし、「廃車や事故車を専門に買い取る業者」であれば買取り対応が可能となる為、結論としては「20万kmを超える車でも買取査定は可能である」となります。

 

車買取の際に関係のある税金について

車買取をしてもらう時、必ずしも車査定業者から支払われたお金がそのまま自分のものとなるわけではありません。
自分のものだった車を売るとしても、その車の所有目的が通勤用であったら非課税なのですが、業務用あるいはレジャー用であった場合には、その売却益には金がかかるからです。
どの種類の税金がかかるのかというと、個人の場合には譲渡所得にかかる所得税です。そして、課税金額についてみたとき、更に二つのパターンがあるので注意が必要です。
譲渡所得がいくらになるのかという計算は、買い取りをした車の所有期間が5年以内か、5年を超えるかで変わってきます。

車買取業者からもらったお金から、取得費と譲渡にかかった経費を足したお金を差し引いて、さらに50万円の特別控除が適用されるところまでは同じです
しかし、所有期間が5年以内であれば、その全額が課税の対象となりますが、5年を超えるようであれば2分の1が課税の対象となります。
このとき、譲渡所得を計算して、損失がでたときには、他に譲渡所得となるものがあれば、あわせて控除することができます。

でも合わせることができるのは、あくまでも譲渡所得であり、普通の所得と合わせることは出来ません。
なお、譲渡所得に対して所得税がかかるようであれば、給与所得者でも確定申告が必要となります。

 

 

中古車査定相場表とは?

車を売却する時には誰もが高く売りたいと感じるものです。
車は走行距離や外観のキズ、内装の状態、装備、年式などに応じて買い取り価格が異なるのが特徴です。
例えば、同じ車種でも走行距離が多い方が買い取り価格は下がり、同じ走行距離でも内装や外装の状態に応じて買い取り価格が異なります。
但し、買い取りを行う中古車店と言うのは、それぞれ独自の査定方法で車を買い取りしてくれるので、数社に対して見積もりを依頼する事で高く売る事が出来るお店を見つける事が出来ます。
最近はインターネットで買い取り価格を調べる事が出来る中古車店も多くなっており、簡単入力で瞬時に価格を割り出してくれる便利なサイトもあります。
例えば、年式と車種、メーカー、グレードと言った情報を入力するだけで、おおよその買い取り価格を画面上に表示してくれると言うもので、自分が所有している車の価値を知りたい時にも便利です。
尚、中古車の査定には中古車査定相場表と言うものがそれぞれのお店に用意されており、インターネットで情報を集める事が出来ます。
中古車査定相場表には価格と年式によるもの、価格と走行距離によるもの、年式と走行距離によるものなどの種類があり、これらの情報を利用する事で、自分が売りたい車の相場価格を知る事が出来ます。
また、車の年式に応じて、買い取り実績を確認する事も出来るようになっている事、どのような価格帯で買い取りが行われているのかなどについても情報として入手が出来ます。

 

エスティマの中古車査定相場

日本の自動車メーカートヨタが生産するエスティマは1990年に初代モデルを発売すると今までにない卵のようなフォルムが評価を受け爆発的に売れ、ミニバンブームの先駆けとなりました。
現在はフルモデルチェンジベースで3代目となり、間に3回のマイナーチェンジを行っています。
現行モデルは3代目後期モデルで2016年にマイナーチェンジをしています。
1代目モデルはすでに生産終了から16年経過しているので、相場は高くはないものの、国内在住の外国人や海外市場で人気が高く、上級グレードで走行距離の少ないものが高値で取引されています。
2代目モデルは2005年までの生産となっていますが、販売相場として上級モデルの低走行車が高値で取引される傾向がありますが、もっとも高値で販売される車両で100万円前後であるため、査定額は60万円前後となることが多いです。
3代目モデルの発売は2006年ですが、発売当初のものはすでに生産開始から10年以上経過しており、査定相場に大きな価格差があります。
2016年の後期モデルは350万円前後で流通しており、一方で前期モデルの場合20万円以下で取引が行われています。
いずれのモデルも低年式低走行車が高く流通しており査定額が高いです。

C-HRの車査定相場

トヨタの話題の新車「C-HR」がついに発売になりました。

斬新な内外装のデザインは圧倒的な存在感を放ち、SUVの常識をこえるスポーティで安定した走行性能とプリウス譲りの低燃費性能など、魅力的なコンパクトSUVが新たに加わりました。

プラットフォームは新型プリウスと共通で、この新型プラットフォームのおかげでプリウスの走行性能が飛躍的に向上したのですが、C-HRはさらにそれを上回るパフォーマンスを発揮します。

パワートレインはプリウスと同じハイブリッドのほかに、エントリーモデルにはオーリスにも搭載されている1.2Lターボエンジンも用意されています。

エントリーモデルといっても、伸びのあるパワフルな走りはハイブリッドモデルとは違った楽しさがあります。

C-HRは発売されたばかりですが、査定相場は今から高額査定が保証されていると言っても過言ではないでしょう。

中古車は人気があればあるほどその買取査定額は高くなります。

C-HRのような個性的で、発売前からメディアに取り上げられていたような話題のクルマであれば、買取価格が高くなるのは当然のことでしょう。

残存価格を設定したローンでも、5年後の買取価格が約100万円に設定されていることからも人気の高さが分かります。

 

プリウスの中古車査定相場

ハイブリッド車の代名詞でもあるプリウスは、非常に人気が高く、新車の販売台数も好調をキープしています。

通常新車が人気があるクルマは、中古車の査定相場も高額査定を期待することができますが、プリウスの場合注意が必要な点もあります。それは中古車市場に台数が溢れており、供給が需要を上回っていることです。

中古車の価格は需要と供給のバランスによって決定されます。

そのため需要が供給を上回れば高値になりますし、逆に供給が需要を上回れば安値になってしまいます。

プリウスの場合は後者にあたります。

ただ、現行モデルはまだ供給が少ないので、高値での買取が可能で、旧型モデルの相場が値崩れしています。

このような状態の中で、少しでも高くプリウスを売るためには、複数の買取業者を周り、競合させることです。

買取業者は競合他社があると、通常よりも高値の買取価格を付けないと買取ができなくなるので、高値買取を引き出しやすくなります。

複数の買取業者を競合させる方法としては、インターネットの一括査定サイトを利用するのは最も効果的です。

簡単な手続きをするだけで、自動的に近くの複数の買取業者から査定してもらうことができ、買取価格を比較することができます。

 

アクアの中古車査定相場

自慢の愛車を買取りに出して、そのお金で新しい車に乗り換えを希望している人々が増えてきています。

車種や走行距離、カラーなどによってもその査定金額は大きく異なります。

さまざまなエコカーが注目を集めていますが、それらの中でもとくに知名度の高い車がアクアです。

燃費が良くスタイリッシュな車内空間もおしゃれで、男女問わず幅広い年齢層から絶大な人気を誇っているのです。
アクアの査定相場としては、およそ50万円から150万円ほどです。これまでの走行距離が短いほど高値で買取りされます。

また、オーディオやカーナビなどのオプション品が付いている場合はその分査定金額も高くなります。

人気のカラーは品薄となっていますのでより高く売ることが可能なのです。
アクアは静音性と快適な乗り心地が魅力的です。

いつかは乗りこなしたい憧れのハイブリッド車として多くの人々から親しまれています。

中古車相場においても、アクアの支持率は非常に高く、比較的高い値段で買い取ってもらえる車種と言えるのです。

このように、中古車を買取りに出すなら、正確でスピーディーに見積もりを出してくれる専門業者を選ぶことが大切です。

お得に新車に乗り換えできる手段としても選ばれています。

 

クラウンの中古車査定相場

クラウンはトヨタ自動車が1955年から製造販売している日本を代表する高級車です。

「いつかはクラウン」というキャッチコピーが印象深く、クラウンは成功者の証のようなクルマでした。

現在はレクサスなどクラウンを上回るような高級国産車もありますが、それでもクラウンのネームバリューは強く、コンスタントに売れています。

また、最近はデザインをスポーティなものに変え、若い人にも受け入れられるようなスタイリングが採用されています。

現行モデルの車種構成は廉価モデルのロイヤルシリーズとスポーティなアスリートシリーズの2構成からスタートし、遅れて独立モデルだったマジェスタが加わって3構成となっています。

また人気のハイブリッドモデルやターボモデルも用意され、一口にクラウンといっても選ぶ際には迷いそうです。

クラウンの査定相場は不人気のセダン市場にあっても高値で推移しています。

特にハイブリッドモデルの人気が高く、トヨタ車の中で最高級のハイブリッド車として位置付けられています。

査定の際には、複数の買取業者から査定してもらい、買取価格を競い合わせるようにすると効果的です。

最終的には最高値を付けてくれた業者に決定すると良いでしょう。

 

ノアの中古車査定相場

トヨタ自動車が製造販売しているミニバン「ノア」は、5ナンバーサイズのコンパクトなサイズでありながら、広々とした室内を実現し、若いファミリー層を中心に格安なミニバンとして人気があります。

3代目モデルよりハイブリッド車も加わり、JC08モード燃費23.8km/Lの低燃費を実現しています。

また、外観はコンパクトさを感じさせない堂々とした佇まいで、安っぽさがありません。室内も同様にトヨタ品質の高級感がある仕上がりとなっています。

ノアの査定相場は高値で推移しています。

中古車市場においてミニバンは非常に人気が高く、黙っていても高額査定が期待できるでしょう。

相場よりも高額査定を期待する場合は、複数の買取業者から査定してもらい、最高値の業者に売ると良いでしょう。

また、現在の買取価格を知りたいという場合は、インターネットの一括査定サイトなどを利用し、ネット上で査定してもらうのがおすすめです。

車種、年式、走行距離などを記載すればすぐに現在の査定価格をメールで教えてくれます。

査定してもらったからといって、必ず売らなければならないというわけではないので、気軽に利用することができます。

また、実際の買取価格は見積もりよりもアップすることが多いです。

 

ヴォクシーの中古車査定相場

ヴォクシーは、2014年春にモデルチェンジし、新モデルの売上げは順調でミニバンの代表となっています。

その為、ヴォクシーは需要のある中古車市場でも人気のある車種となっています。

ヴォクシーの中古市場での買取査定相場を5年落ち、10年落ちの場合で(一般走行距離の場合)でどのくらいの金額で査定されるかみていきます。

まず、ヴォクシーの価格に関するデーターは以下のとおりです。
・新車価格 224万円~310万円前後
・平均買取価格 134万8千円
・最高買取価格 238万4千円前後

 

となっています。

 

一般的な走行距離(年間1万キロ)の5年落ちのヴォクシー買い取り相場は、ZSで約160万円~170万円、XL エディションで約115万円~135万円です。

続いて、一般的な走行距離(年間1万キロ)10年落ちのヴォクシー買取は、査定が付くかギリギリの年数となります。
売るべきか廃車するべきかの判断が難しいところですが、10年落ちでも驚くような査定額になる場合もあります。

一般的な走行距離(年間1万キロ)の10年落ちのヴォクシーの買取相場は、約10万円~30万円前後です。

但し、非常に少ない走行距離の場合、10年落ちでも75万円で売却できるケースもありますので、多くの買取業者から見積もりを出してもらうのが重要です。

 

ヴィッツの中古車査定相場

コンパクトで乗りやすい車として、ヴィッツが挙げられます。

ヴィッツの中古車を査定したい場合、その査定相場については年式やグレードによって変動がありますが、5万円程度から130万円程度の範囲内になります。

少しでもヴィッツを高く売りたいのであれば、まず買い取り相場をチェックすることが重要です。

自分のヴィッツの年式やグレードを確認し、そのタイプで現状、どれだけの価値があるのかを認識しておいたほうが良いでしょう。

この価値を把握していないと、実際に売ったとき、高く買い取ってもらえたのか安く買い取られてしまったのか、という点の判断ができなくなります。

業者によって、簡単に査定額で10万円や20万円といった差が生じます。

また、ヴィッツを買い取りたい業者を決める場合には、10社程度の業者に査定を依頼すれば良いのですが、10社に対して依頼すると、かなりの手間や時間を要してしまいます。

これらの手間を省くために、一括査定サービス、というシステムが便利です。

このサービスは、インターネットを使用することで各地域ごとに最大10社の買い取り業者から査定を受けることが可能になるサービスです。

遠方にある業者であれば、そこに行くまでの手間や交通費が発生してしまいますが、一括査定サービスを利用すれば簡単に見積もりを出してもらうことができます。

 

パッソの中古車査定相場

パッソはトヨタ自動車が生産するコンパクトタイプのハッチバック5ドアですが、現行モデルが3代目となるM700型で2016年4月にモデルチェンジしています。
現行モデルは、1年経過していないため、新古車価格が高く、しかも登録未使用などの車両も多いです。
確かに新車よりはやや値打ち感もありますが、販売目標台数の消化のため目標未到達であると店舗在庫として登録のみをして新古車として2次流通させることがあり、大抵の場合そのような車はカバーがそのまま装着され、ナビやオーディオが付いていません。
また、オプションも未設定でグレード的にも下位となります。
ナビを設置し、コーティングやオプションパーツを付けて、諸経費が加われば新車と変わらなくなってしまうことがあります。
このような新古車は白や黒が少なく、特異なカラーが多いです。
2016年新型パッソの査定相場は走行距離が少ない場合、110万円~140万円と比較的高く買い取られています。
ただし、現在は一般オーナーではなくディーラーからの売却が多いですので実質的な流通相場が形成されていません。
2代目モデルの場合、年式と走行距離により査定額が異なりますが、2016年1月から4月までのモデルで、50万円~80万円で買取られており、走行距離が少ないものが高く買取が行われています。

 

フィットの中古車査定相場

フィットの中古車を売りたい時、車屋さんへ行き、査定してもらいます、
できれば色々な、車屋さんでしてもらった方がいいです。
査定相場も分かりますし、その前に行った車屋さんより高く査定してくれる事が多いからです。
今の時代、インターネットでも簡単に査定してくれるサイトが沢山ありますので、そのようなサイトを上手く使えば、色々な場所へ行く時間、車屋さんと話している時間、交通費など節約できて、便利です。
査定してもらう際には、車の型や状態、何年乗ったかなど詳しく伝える必要がありますから事前に確認しておくと、スムーズに査定してもらえます。
喫煙車であるか、事故など起こしていなかったか、なども把握しておいた方がいいです。
また、次に車を買うつもりでしたら、その場所での車の購入を考えた方が、色々な特典やサービスが受けられる事が多いので、1番、いい結果が得られた所やサイトでの購入がオススメです。
車を実際に人に見てもらう場合、その前に洗車や簡単なメンテナンスをしておくとさらに高く査定してもらえる場合があります。
ボンネット内の点検や室内の掃除なども、ガソリンスタンドなどでやってもらえます。
無料でサービスしてくれる事が多いので、ガソリンを入れたついでに洗ったり見てもらっておいた方が、いい査定結果が出やすいです。

 

エルグランドの中古車査定相場

エルグランドは日産自動車が生産する高級フルサイズミニバンですが、現行モデルは3代目で2010年より販売が開始されたE52型です。
初代モデルは1997年の販売で同社が生産していたキャブオーバータイプのワゴン車っである「日産キャラバン/ホーミー」の派生車として販売当初非常に人気が高いものでした。
同時期に販売されたライバル社フルサイズミニバンの対向車種として販売されましたが、相次ぐ日産の新型モデル販売不振により人気が低くなり、買取価格にも大きく影響しました。
買取査定はグレードや年式により異なりますが、人気グレードであるハイゥェイスターで黒や白のボディーカラーで走行距離が少ない車両は高値で取引がされています。
現在は多くのモデルでハイブリッドモデルやダウンサイジングエンジンを搭載したモデルの人気が高く、2000cc以下のエンジンのモデルに人気が集まるため、2500ccと3500ccの設定でフルサイズのエルグランドの査定相場は、ミドルクラスミニバンに比べてやや低い傾向が見られます。
また、2017年以降モデルチェンジを控えているため、値下がりを待つ購入者も多く、エルグランドの査定相場を監視する動きも見られます。

 

レクサスの車査定の相場

トヨタの最高級ブランドであるレクサスは、他のトヨタ車と異なり、ブランド化されてレクサス店から販売されています。
クーペ・セダン・SUV・コンパクトなど各スタイルの車両を展開しており、国内富裕層や海外でも人気が高いブランドです。
レクサスはディーラーにて認定中古車を販売しています。
レクサスの査定相場はタイプとグレードによって大きく異なります。
セダンタイプでFFの車両が査定額が低く見積もられる傾向がありますが、中古車を購入するオーナーがスポーティーシルエットを好む傾向がありSUVやFRのモデルに人気が集まることからコンパクトモデルやFFセダンの買取価格が若干低い傾向が伺えます。
また、買取価格を大きく左右するのが、グレードと走行距離で、とくにハイクラスモデルの場合、排気量が大型であることから走行距離が少ないものが高い査定額がつきます。
現在、市場人気は2000cc以下のエンジンに集中しており、どのメーカーも小型ハイブリッドモデルやダウンサイジングエンジンの生産に切り替え、燃費面で不利な大型エンジンを搭載したモデルの人気が低くなっています。
ただし、他の国産車と別の概念であるレクサスブランドの場合、新古車を狙うオーナーも多いため、走行距離の少ない車両の人気が高いです。

軽自動車の車査定の相場

軽自動車は日本でも人気が高いため比較的安定した査定相場となっていることが多く、今後もしばらくは安定した需要と供給になることが予想されている点からも査定に関しては基本的にある程度期待することが出来ると言う傾向が見られています。
査定相場としてはおよそ62万円程度となっていることが多いのですが、ポイントとなっているのが走行距離と人気車種であるかどうかという点になっています。

特に走行距離に関しては25000キロを切るかどうかと言うところが査定価格を大きく変動させるポイントになっていて、25000キロ以下の場合はどのような軽自動車でも比較的高額査定を期待することが出来るようになっているのですが25000キロ以上だと一気に価格が下がってしまいます。

さらに50000キロを超えるとその半額になってしまうということから、軽自動車でも非常に査定価格が安くなってしまう可能性があるので注意が必要です。
ただし定番のワゴンRやタント・ムーヴ・ミラなどの人気の車種であった場合は75000キロを超えたとしても20万から30万程度の査定相場になることから、人気車種であった場合は走行距離に関係なくある程度の査定がつくことが多いようです。

 

ワゴンRの中古車査定相場

ワゴンRはトーワルワゴンという斬新なスタイルを採用し、室内が狭いという軽自動車の常識を見事に覆したクルマです。

大人4人が普通に乗ることができる広いスペースを確保し大ヒットしました。

その後、トールワゴンタイプの軽自動車が次々に登場しましたが、ワゴンRはその先駆者として今でも存在感の大きいクルマと言って良いでしょう。

2012年に5代目となる現行型にフルモデルチェンジが行われました。

5代目の特徴として、「ENE-CHARGE」や「ECO-COOL」などの、低燃費や軽量化の技術が盛り込まれた「SUZUKI GREEN Technology」の第1弾の車種として開発され、JC08モード燃費でNA・2WD車が28.8km/L、ターボ・2WD車でも26.8km/Lという低燃費を実現しました。

ワゴンRの中古車査定相場は高値で安定しています。

もともと軽自動車の買取相場は普通車よりも高い場合が多く、その上でワゴンRは軽自動車の中でも人気車種であることから、相当の高額査定を期待することができます。

ただ、相場以上の買取価格を期待する場合は、ディーラーで下取りするよりも、複数の買取業者から査定してもらうのが得策です。

 

スーパーカーの車査定の相場

中古車というのは、1年ごとに価値が下がっていくものです。

新車価格が500万円もするような高級車でも、5年、10年と経過するうちに、軽自動車の中古車と変わらない価格で販売されていることも少なくありません。

ところが、この常識が通用しないクルマがあります。

それがフェラーリやランボルギーニに代表されるスーパーカーです。

70年代から80年代にかけて、空前のスーパーカーブームが起こり、その美しいスタイルと圧倒的なスピードが多くのクルマ好きの心を奪いました。

現在でもスーパーカーに憧れを抱いている人は少なくないでしょう。

新車価格は2000万円以上が相場となっています。日本車でもホンダNX-Rや日産GT-Rはスーパーカーと呼んでも良いかもしれません。

これらのスーパーカーは新車価格が高額なのですが、中古車の査定相場が一般のクルマのように年数が経過してもあまり下がらないという特徴があります。

中には、プレミア価格となって新車価格を上回るようなものさえあります。

新車時の販売台数が限られていることもあって、希少性が非常に高いのです。

スーパーカーを査定してもらう際には、スーパーカーを専門に扱う買取店がおすすめです。

 

外車の車査定の相場

外車は新車として購入する場合は高額な価格がついていることが多いのですが、実際に中古車として査定してもらった場合は外車の流通台数の少なさなどの理由から査定相場が安くなっているというケースも珍しくないとされています。

しかも車種によっては買い取り拒否をされてしまうケースもあり、流通が圧倒的に少ないという点から査定相場も安定しないため買い取り価格を予想しにくくなっている面もあります。
場合によっては買い取り市場自体がそのエリアに存在していないと言う事もあるので、査定相場がどのようになっているのかという点が不明瞭であると言う問題を抱えています。

このようなことから外車の買取価格に高値をつけることは出来ないとも言われているため、基本的に外車の査定で高値を期待することは難しいようです。
このようなことから外車の買取である程度査定価格を安定させるためには、外車専用の買い取りサービスを利用したりある程度のブランド力のある外車を買取ってもらうなど通常の自動車よりも工夫する必要があります。

また複数の買取業者に査定を依頼すると言うのも通常の自動車よりも数を増やして検討してみるなど、比較検討する視野を広げることもポイントとなっています。

 

BMWの中古車査定相場

BMWはメルセデスベンツと並んでドイツの高級車ブランドとして人気があります。

メルセデスベンツと比べると、スポーティな印象があり、スムーズに回るエンジンや4輪駆動の性能など、メルセデスベンツよりも勝る技術を有している部分もあります。

BMWの査定相場は輸入車の中でも比較的高値で安定しているといえます。

ただ査定相場は車種によって多少変わってきますし、走行距離や年式を中心としたクルマのコンディションによっても違ってますので、一台ごとに実際に査定してもらわないと正確な査定額はわかりません。

だいたいの相場を知りたい場合は、インターネットで相場を調べることができます。

年式と走行距離ごとに細かく相場がわかるようになっている相場表がおすすめですが、グレードやオプションなどまで細かく知ることができる者となると、さすがに量が膨大になるために調べるのが難しくなります。

そこでもう少し詳しくBMWの査定相場を知りたい場合は、一括査定サイトを利用して、実際に買取業者から査定してもらうというのも手です。

一括査定サイトでは複数の業者から査定結果を届くので、より正確な相場を知ることができることでしょう。

一括査定サイトを利用したら売らなければならないというわけではないので安心して利用してみると良いでしょう。

 

ベンツの中古車査定相場

メルセデスベンツの買取査定相場は、他の輸入車よりも高額と言われています。

それは、ベンツのブランド力のみでなく、故障しにくい、内装をはじめ車の質感が高いなどの理由が挙げられます。
実際にベンツ車を査定してもらうと、査定額は年式や走行距離により変動しますが、走行距離10000~30000km程度だと、新車価格の6割程度で買い取ってもらうことができます。

ベンツの査定相場の特徴として、新車登録されると一度査定額が下がりますが、それ以降はそれほど大きく値崩れしない傾向にあります。

ですから、年式が古くても走行距離がそれほど伸びていなければ査定額が大きく下がるようなことはありません。

ただし、これは無事故車に限る話であり、事故車であれば他メーカーの車と同様に査定額は下がります。
ベンツには多様なグレードがあります。

エントリーモデルのスマートからフラッグシップモデルのSクラスまで、幅広くラインナップされています。

スマートは80万円台から、上級のSクラスになりますと1500万円を超え、さらにGクラスともなりますと昨今のSUV人気も相まって2000万円を超える高額査定が期待できます。
以上から、メルセデスベンツの査定相場は80万円台から2000万円台ということになります。